メリット

マンション経営にはどのようなメリットがあるのか?
メリットを最大限活かした運営をしましょう。

 

 

 

安定した家賃収入(インカムゲイン)

 

マンション経営は景気に影響を受けにくく
安定的に家賃収入を受け取ることができます。

 

都心部や駅近、学生の需要がある人気のエリアの物件であれば
空室リスクを軽減することができ、長期的に副収入を得ることができます。

 

老後の年金対策

 

 

ローン完済後、入居者の家賃が収益となるため、
将来の不労所得としてゆとりのある暮らしを送ることができます。
また、物件を転売し売却益を得ることも可能です。

 

節税効果

 

 

マンション経営は不動産業務とみなされ、
不動産業者や入居者との交渉に伴う交通費、交際費などは経費として認められます。

 

家賃収入から、固定資産税、借入金利、減価償却をはじめ、修繕費や管理費、火災保険料などを経費として計上し、「確定申告」によって給与所得から差し引くことで、「損益通算」となり、所得税の還付と住民税の軽減
可能です。

 

確定申告のサポートおこなっています。

 

 

※「確定申告」とは・・・所得にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きです。納めた税金が還付金として手元に戻ってくる場合もあります。
※「損益通算」とは・・・一定期間内の利益と損失を相殺すること。損失が出た場合に利益から差し引いて税金を減らすことができます。

 

所有物件が生命保険代わりに

 

不動産投資ローンを利用して物件を購入した場合「団体信用生命保険」という保険が付いています。
返済者に万が一のことがあって返済不可となった場合、
ローン残金を金融機関が支払ってくれるというものです。

 

団体信用生命保険によって残債が決済され、不動産が資産として遺族に残されます。
その物件に入居者が住み続ける限り、遺族は家賃収入を受け続けることが可能です。

 

売却益(キャピタルゲイン)

 

 

所有マンションを売却する際、購入金額よりも高い金額で売却できれば利益を得ることができます。
希望の価格で売却ができなくても、残債額によってはローンを完済しても利益が残る可能性も十分あります。